ゴールドカード以外のクレジットカード

クレジットカード会社では、複数の種類のクレジットカードを取り扱っているところがほとんどです。それこそ、一般カード・ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカード…という、いわゆるグレードの異なったクレジットカードがあるのはもちろんなのですが、それ以外にも、学生カード・家族カード・ETCクレジットカード・リボルビング払専用カード・分割払専用カード・ボーナス払専用カード…などがあります。

簡単に説明すると、学生カードというのは、18歳以上の大学生・専門学校生・大学院生向けに発行されるクレジットカードのことで、当然、学生ですから、毎月の安定・継続した収入はありません。もちろんアルバイトをしている学生も多いでしょうが、それでも収入と言いきれるほどの金額ではありませんよね。本来であれば、クレジットカード会社の審査によって落とされてしまうわけですが、学生本人ではなく、その親の信用を基に発行することができるクレジットカードを学生カードと呼ぶのです。それは学生である限り、年齢が20歳を超えている場合であっても同じで、かつ、在学期間中のみ所有・利用することが可能です。親の信用を基に発行されるとはいっても、親の信用情報をクレジットカード会社が参照する…ということはないようですね(親の必要情報をクレジットカード会社に提示しますが)つまり、少なからず、子供を各教育機関へ通わせることができるだけの収入はある…とクレジットカード会社はみなしているためです。そのため、学生カードを申込む場合は、カードを所有する学生の学生証コピーが必要不可欠となります。比較的、手軽にクレジットカードが発行される分、利用限度額は一般カードよりも低く設定されていることが多いですね。クレジットカードによっては、COPAカードや学生証と一体化した学生証一体型学生カードも存在しており、その場合は、学校内施設への入退室・出席の管理、学生食堂や売店などで利用できる電子マネーの使用…などの機能が搭載されているものがほとんどです。

家族カードというのは、既にカードを所有している家族、または基本的に同居している配偶者、18歳以上(高校生は不可)の子供、退職後の親などが使用するために発行されるクレジットカードのことを指します。この家族カードというのは、より利便性を高めるために発行する機能特化型のクレジットカードである追加カードの1つなんですね。家族カードは、その基となっているクレジットカードの会員の信用によって発行することができますので、例えば、配偶者が専業主婦であったり、退職後は仕事に就いていない親だったり、雇用不安定なフリーターを続けている子供であっても、クレジットカードを利用することが可能となっています。ただし、家族カードの場合は、クレジットカード機能の1つである日本国内でのキャッシングやカードローンは利用することができません。

ETCカードというのは、ETCシステムを利用して高速道路などの有料道路の通行料金を支払うためのカードです。このETCカードにも複数の種類があるのですが、クレジットカード会社が発行しているETCカードは、正しくはETCクレジットカードと言います。ちなみにこのETCクレジットカードも追加カードの1つですね。大抵の場合、ETCカードとしての機能のみを持つカードだけを発行することはできず、既に一般カードを所有している方が追加カードとしてETCクレジットカードを発行したり、ETCクレジットカードの申込みと同時に一般カードも申込む必要があります。

そして、リボルビング払専用カード・分割払専用カード・ボーナス払専用カードというのは、これも追加カードの1つなのですが、あらかじめ支払方法(決済方法)が設定されているクレジットカードのことを指します。クレジットカードを提示して商品を購入したことがある方などは判るかと思いますが、クレジットカードを提示する際に、「1回払いで」とか「ボーナス払いで」などと支払回数を伝えますよね。しかし、リボルビング払専用カード・分割払専用カード・ボーナス払専用カードの場合は、それぞれ支払方法が決められているので、例えばリボルビング払専用カードであれば、たとえ「1回払いで」と伝えたとしても、支払いは自動的にリボルビング払いとなります。