人気のゴールドカード

ゴールドカードというのは、クレジットカードの種類の1つです。実際にゴールドカードを所有していない方であっても、ゴールドカードという存在を知っている方は多いと思います。ゴールドカードというのは、一般のクレジットカード(クラシックカード)よりも高いサービスが付帯されたクレジットカードで、一般カードの会員では利用することができないサービスが多く提供されます。クレジットカードの利用限度額も、一般カードよりも高く設定されていることが多いですしね。もちろん、その分、年会費は一般カードよりも高かったり、所有するためには一定の制限(年齢や年収など)が設けられているのですけどね。ただ、最近は、昔からあるような典型的なゴールドカードではなく、年会費がかなり抑えられているゴールドカードを発行しているクレジットカードも増えているため、昔ほど、ゴールドカード=高級なクレジットカードというイメージはないかもしれません。なかには、先ほど挙げた制限と設けていないゴールドカードも存在しているようですよ。しかし、年会費の安いゴールドカードの場合は、年会費の高いゴールドカードと比較すると、提供されるサービスが制限されていることも多いようです。

日本国内で初めてゴールドカードを発行したのは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(American Express International)の日本支社です。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとして1980年に発行されました。アメリカン・エキスプレスの一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カードは1983年に日本で発行され始めましたから、実はアメリカン・エキスプレスではゴールドカードの方が早く日本では発行されたことになります。…これはちょっと個人的に意外でした。その後、アメリカン・エキスプレス以外のクレジットカード会社でも、同じようなゴールドカードを発行するところが増えはじめたのです(日本だけでなく、世界的にみても、各国同じような感じでゴールドカードが広まっていったようですね)ちなみに、デザインはクレジットカード会社ごとに異なっているものの、ゴールドカードという言葉通り、クレジットカードの表面は金色となっている他、会員番号の部分も金色に塗られているものがほとんどとなっています。

全てのクレジットカード会社…とは言いませんが、大抵のクレジットカード会社はゴールドカードを取り扱っています。どのクレジットカード会社のゴールドカードを選ぶか…は、人によって重視して選ぶ部分が異なりますので一概には言えませんが、一般的には、年会費の価格・受けることができるサービスの内容…ではないでしょうか。そのサービスの内容というのも、例えば付帯されている海外旅行保険だったり、国内旅行保険だったり、ショッピング保険だったり…と複数ありますので、自分が受けたいサービスを取り扱っているゴールドカードを選ぶようにするのは当然のことですよね。他にも、国内利用に強い・海外利用に強い・国内旅行/海外旅行に強い・毎日の暮らしのシーンで強い…など、特にどのようなシーンで特化したサービスを提供しているかというのも重要です。

さて、年会費・入会審査の基準・カードのランク・信頼度・サービス内容…と選ぶ際に重視したい部分は様々ですが、現在、人気のゴールドカードには、三井住友VISAゴールドカード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、ダイナースクラブカード…が挙げられます。

三井住友VISAゴールドカードは、年会費が10,500円で、国内VISAの代表的なステイタスカードとして知られています。この三井住友VISAゴールドカードでは、設けられている独自の利用条件をクリアしている場合、年会費が4,200円に下がるため、一度チェックしてみる価値はあると思います。また、Webサービス・ポイントサービス・セキュリティ…と全体的に見て非常に評価が高く、長期に渡って利用し続けることができるのではないでしょうか。審査基準は高めのようですが、国内外で使用することができるVISAブランドのなかでも、シティゴールドカード(VISA)と双璧となっているゴールドカードですし、それも当然ではないかな、と思います。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が10,500円となっています。世界で通用するアメックス・センチュリオンデザインが採用されているのが特徴です。優遇ポイントが用意されている他、補償がしっかりした海外旅行保険や手荷物無料宅配サービス・エクスペディア料金優待・航空機寄託手荷物遅延費用保険…など、サービス内容はとても充実していますよ。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、年会費が27,300円となっています。その年会費の高さからも、このアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードが、他を許さない圧倒的なステイタスカードであり、非常に充実した高品質なサービス提供を行っているか…が判るかと思います。VISAやMasterCardのゴールドカードとは全く異なった…それこそ別格のハイステイタスカードであり、カードの利用限度額は設けられていません。各種付帯保険の内容も非常に素晴らしく、海外旅行傷害保険には最高1億円の補償が付帯されています。他にも、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード独自の特典として、キャンセル・プロテクションやエアポート送迎サービス、オーバーシーズ・アシストなども用意されています。また、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード会員のうち、有料会員には、プライオリティ・パス無料入会など、準プラチナ特典の提供も用意されています。

ダイナースクラブカードは、年会費が15,750円となっています。世界初の伝統あるステイタスカードであり、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと同様、一律の利用制限度額なし…となっています。他クレジットカード会社のゴールドカード会員向けサービスの追随を許さない空港ラウンジサービスや、ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニングやダイニング・キャッシュバックなどのプラチナ級のグルメサービスも充実している他、ポイントプログラムも充実していますよ。